Skip to Content
BLUE MOTIONSWinter 2018 issue
NOW IS THE TIME
想像が創造した現代

eSports are coming

『eスポーツ』に 刮目せよ

今、最も注目すべき“スポーツ”は何か。その答えは『eスポーツ』に他ならない。聞いたことがある人、初耳の人、どちらもこの新しいスポーツが、未来の主役になることをいずれ実感するはずだ。
エレクトロニック・スポーツの略である『eスポーツ』は、単純に言えば対戦型のゲームを“スポーツ競技”として捉えるもので、オンラインを通じてチームとして戦うのが主流だ。現在そのプレイヤー数は全世界で1億人を突破し、世界の多くの国にプロリーグが存在、年収が2億円を超えるプロゲーマーも現れている。もちろん、個人対個人の『eスポーツ』も存在するが、世界的に盛り上がっているのはチームで対戦するタイプのゲームだ。

eスポーツの大会の様子 (c)JeSL2018eスポーツの大会の様子 ©JeSL2018

ではなぜ、ゲームが“スポーツ”と呼ばれるのか。その答えを伺いに『eスポーツ』の第一人者で普及に尽力する、筧誠一郎氏にお話をお伺いした。インタビュー場所は、秋葉原の「ソフマップ AKIBA②号店 パソコン総合館」2階にある『eスポーツ』が楽しめる施設、その名も「eSports Studio AKIBA」。

ソフマップが運営する「eSports Studio AKIBA」ソフマップが運営する「eSports Studio AKIBA」

「ゲームという枠組みを大きく超えたところにもう『eスポーツ』は来ています。どういうことかと言うと、これまで国内では“スポーツ”というとフィジカル=身体的なものを指しましたが、デジタルがここまで発達し、ゲームのクオリティがとてつもなく高くなった今、ゲームは“マインドスポーツ”と呼んでもいいところまで発展してきているからです」。
日本ではまだそれほど注目されてはいないが、世界では『eスポーツ』の人気はすでに確立されている。

『eスポーツコミュニケーションズ合同会社代表』 筧 誠一郎氏『eスポーツコミュニケーションズ合同会社代表』 筧 誠一郎氏

「1億数千万人の競技人口というと、テニスの競技人口よりも多い。世界大会の優勝賞金も10億円を超えるなど、規模も想像以上に大きくなっています。日本ではかつての“ゲーム=勉強をしない”というイメージがいまだに強く、また家庭用ゲーム機を中心に一人家で行うゲームが発達したこともあって、なかなかパソコンを駆使してオンラインでの対戦型ゲームの人気が高まりませんでした。ただ最近はようやく、ここのような『eスポーツ』を本格的に楽しめる施設もでき、大きなうねりが生まれようとしています」。

“ゲーム=遊び”という概念を大きく超えることで生まれた『eスポーツ』。そもそもほとんど全てのスポーツも遊びの延長から生まれていることを考えれば、フィジカルとマインドの差こそあれ、出自は同じといってもいいのではないか。
「2020年の東京オリンピックでは無理だとしても、ゆくゆくはオリンピックの種目になるでしょうし、海外では授業として『eスポーツ』を取り入れている高校も数多くあります。反射神経や戦略、全体を俯瞰する能力、チームプレイとしての能力などなど、“スポーツ”としての要素はいたるところにあるのです」。

賞金総額28億円を超える世界大会なども開催され、その観客数は4万人を超える大会もあり、もはや『eスポーツ』はプレイするだけでなく観客をも魅了する究極のエンターテインメントと言っても過言ではない。
デジタルというテクノロジーが生んだ遊びの要素は、今やオリンピックレベルまでも進化しようとしているのだ。ある意味で、デジタル・オンライン上で繰り広げられていたバトルがあたかも地上に降りてきたかのような錯覚さえある。
OCEANUSもまたデジタルを背景に持ちつつアナログ時計としての顔を同時に纏っている。さらに『eスポーツ』が胎動しているように、世界と繋がる能力を持ち、さらなる未来へとの進化を止めることはない。
今そこにある未来。『eスポーツ』を知り、OCEANUSを理解することは、どこか同じ通奏低音を奏でているかのようだ。

Text: Y.Nag | Photography: Masashi Nagao

筧 誠一郎 (かけひ せいいちろう)

昭和35年、東京都生まれ。eスポーツコミュニケーションズ合同会社代表。昭和58年、成城大学卒業後、電通入社。主に音楽やゲームの作業に従事。平成22年に電通退社後、eスポーツイベントの主催やプロデュースに関わる。著書に『eスポーツ論』(ゴマブックス)。
http://www.esportscom.jp

eSports Studio AKIBA

eスポーツの普及などを目的として作られた、「ソフマップ AKIBA②号店 パソコン総合館」内にある「eスポーツ」を楽しみながらネット配信ができる施設。プロ、アマ問わず幅広い人が利用できるよう、最新型のハイスペックPCと実況解説、動画配信設備を設置し、学生サークル、コミュニティーイベントをはじめ各種イベントが開催されている。
https://e-sports.sofmap.com/