Skip to Content
雨を楽しむ贅沢な“青”
Atelier21 HOMME [紳士雨傘]

雨を楽しむ贅沢な“青”
Atelier21 HOMME [紳士雨傘]

梅雨という東アジア独自の季節。雨傘は欠かせないアイテムだが、どうも近年のビニール傘一辺倒の風潮には自戒も込めて、なんとか脱ビニ傘をせねばと思う。
さて、その傘だが18世紀までは女性が持つもので、男性の持ち物ではなかったという。それが18世紀後半に英国紳士たちがステッキ代わりに持ち始めたことから、一気に普及し改良に改良を重ねて今のような傘へと進化した。ちなみに英国紳士がきれいに巻かれた傘を雨が降っても開かないという、まことしやかな都市伝説も、このストーリーを聞くと成る程と思う事だろう。

前述のように、使い捨ての傘を愛用していたのでは、紳士には程遠く、その場しのぎで、ただ濡れないようにするためだけの道具としか考えられていないのではないだろうか。
梅雨真っ只中の今だからこそ、長く付き合える一本を真剣に考えてみるのはどうだろうか。

今回紹介するAtelier21 HOMMEの紳士雨傘は、エアダイ加工という表裏同時異色着色技術により、薄く軽い素材にも風合いを損うことなく着色が可能な環境配慮型染技法を使用。無水染色の為、人にも地球にも優しく、スタイルだけではないその先を考えた一本として、海外ブランドを超える“Made in Japan”の傘造りに挑戦している。そしてカーボンファイバーを採用した骨や、籐で出来たナチュラルな持ち手など、妥協することのない“こだわり”の姿勢が、ワンランク上のライフスタイルを提供してくれる事は言うまでもない。しかもこの“青”の発色!雨の日にも頭上に紺青が広がっているが如くではないか。

OCEANUSを身に着ける紳士だからこそ、そろそろ大切な一本を手にしてみてはいかがだろうか。

Text: Tatsuya Nakamura (R.G.C) | Photography: Masashi Nagao

お問い合わせ:カネイ(株) 03-3862-1551

ウェブサイト

Recent News

Recommend