Skip to Content
JAPAN MADEの真価の進化“SABAE”の青
DITA Eyewear (Made in SABAE-CITY)【BUCKEYE】

JAPAN MADEの真価の進化“SABAE”の青
DITA Eyewear (Made in SABAE-CITY)【BUCKEYE】

“SABAE” そう書くだけで、世界中である種の業界では通用する日本の地名がある。福井県鯖江市。メガネを常用する方なら、即座にピンとくるはずだ。日本でのメガネの生産量の90%、世界でも20%以上のシェアを持つという。100年の歴史の中で培われてきた技術と信頼性はまさに揺るぎないものとして、世界に名を轟かせている。
だからと言って、歴史に依存しているだけではない。今回取り上げたアメリカのDITA社製のメガネは、日本製の特殊なアセテート素材を使い、フレームの厚さはわずか2.6mmという極めて薄いフレームを実現している。しかもその深い紺色は日本人の顔にとてもよく似合う。チタニウム製のテンプル(つる)の燻された味わいとのマッチングも見事と言うしかない。アメリカン・デザインの洗練と日本の技術の融合がここにある。

メガネはファッションであると同時に、眼の悪い人間にとってはなくてはならない医療器具的でもある。単にオシャレとか安いとかではなく、しっかりと技術の裏付けのある物を使うことはマストと言ってもいいだろう。だからこそ、大人の男性はそのメガネがどこで作られたかにこだわるのだ。もちろん“SABAE”であることは必須条件だ。
しかもDITA社のホームページには、そのデザインコンセプトの一つとして“Like samurai swordsmiths from a bygone era…”つまり日本の刀鍛冶の伝統への言及もあるように、このメガネには日本への深い愛情=blend East with West in perfect harmonyが潜んでいるように思う(ブランドムービーにも日本の職人が登場する)。
そう考えると、Made in Japanでありつつ身に纏うものとしてのOCEANUSとの深いところでの共通点が見えてくるような気がするのだ。

Text: Y.Nag | Photography: Masashi Nagao

DITA BUCKEYE NAVY -18K GOLD
(エディター私物)

プライス:¥48,000

問い合わせ先:STEP inc. 03-5774-4551

Recent News

Recommend