Skip to Content
もう一度、インキの青に耽溺する
PILOT iroshizuku 「色彩雫」

もう一度、インキの青に耽溺する
PILOT iroshizuku 【色彩雫】

すっかり手書きで文をしたためる機会は減ってしまったが、もういちど手書きの良さを再認識したいと思うアイテムに出会った。それが、パイロットの「iroshizuku」という万年筆用のインキのシリーズだ。
万年筆自体ここ数年手にしたことがないという方も多いだろうが、この「iroshizuku」に惹かれた理由は、そのネーミングとバリエーションだ。
朝顔、紫陽花、露草、紺碧、天色、月夜、深海…。青系の色だけでもこれだけのバリエーションが揃う。それぞれの微妙な発色の違い、色の濃淡を楽しみたいと思うのだ。色濃い青、浅葱色のような華やかさ、奥深さを感じる青。
青に関してこれほど多くの表現とバリエーションを持っているのは、日本人ならではと思うのと同時に、「色彩雫〜iroshizuku」という抜群のネーミングに惹かれたからなのかもしれない。
万年筆の先から滴るインキが描くひと文字ひと文字に感情を乗せるということ。
万年筆とインキと自分自身の感情の相乗効果。文字を書くという行為。このインキたちが持つ青の表現、その名前を楽しむことができればもう一度、日本の文字が持つ美しさを再認識できるかもしれない。
OCEANUSに多く潜む青も、日本の青の表現で呼ぶとどうなるのだろうと思案してみる。

※ 「iroshizuku」には青のバリエーションだけでなく、赤系、黒系、緑系なども多くラインアップされています。

Text: Y.Nag | Photography: Masashi Nagao

問い合わせ先:パイロット万年筆

万年筆用インキ iroshizuku色彩雫

ウェブサイト

Recent News

Recommend