Skip to Content

束の間の無防備を与えてくれる場所
紳士へと導く、現代版バーバー

束の間の無防備を与えてくれる場所
紳士へと導く、現代版バーバー

「赤・白・青」の3色のサインポールが目印の“理容室=バーバー”。中世ヨーロッパ時代の理容師は、髪をカットしたり髭をシェービングすること以外にも、歯の治療や傷の手当てまでを行う「理容外科医」として活躍していた歴史がある。その流れからか、バーバーではカミソリの使用が法律的にも許され、パーマやカラー、結髪、化粧で容姿を美しくする美容師とは違う存在として位置づけられている。また、日々の様々な情報交換などが気軽に行われる、男性の社交場としての役割も担っていた。とはいうものの、やはり身だしなみを整え、1時間前の自分とは、違う自分になれる場所であることは今も昔も変わらぬ部分であろう。

一体、なぜ今バーバーなのか

今回、我々が注目したように、ここ日本でも数年前からクラシカルな部分を大切にしながらも、現代の新しい形としてのバーバーが増え始めている。なぜ、そのような現状が生まれてきたのか。銀座に店を構える <Of the BARBER>のディレクター・小林誠氏に尋ねてみることにした。
「今まではどちらかというと、ただ髪を切れればいいといった考えのバーバーが多く、トータル的な身だしなみにまでに気を遣い、理容をお洒落な方向に昇華させるお店は限られた老舗などしか無かったと思うんです。だけどここ数年、男性目線から身だしなみをきちんと整え、お洒落をするといった流れが出始め、それをもう一度バーバーという存在から発信していけたらとの想いが、理容業界で一斉に芽生え持ち上がったことが、今再注目されている理由だと思います」。
いわゆる昔ながらの理容室と、現代のバーバーと言われる店に違いはあるのだろうか。
「昔からの技術や形式は僕らにも引き継がれているのですが、現代のバーバーは、そこから時代と寄り添い、新たなものを取り入れていくことも視野に入れたのが大きな違いではないでしょうか」。
やはり、時代とともにバーバーの存在意義が変わってきたのは確かなようだ。細やかな気遣いで紳士に近づくための手助けをしてくれる場所。それが、多くの男性に受け入れられた理由なのだろう。

互いの信頼関係が生む特別な時間

マフィア映画などで、バーバーにいる時に襲われるシーンをよく目にするが、その理由を考えてみると、ある意味男性が最も無防備になる場所だと考えることが出来る。無防備を“心から寛げること”とするならば、その至福の時をどのように楽しむべきなのであろうか。
「私たちは、髪を切る、髭を剃ることだけが仕事ではなく、お客様の内面から紳士になれるようお手伝いすることが目的の一つなんです。例えば、年齢を重ねていくうちに細くなってきた髪の毛についての対処法。体臭を気にし始めたお客様には食生活の面からなど、アドバイスをさせていただくことで、紳士になるヒントを与えさせていただいています。そういう意味でお客様としっかり向き合うために、8割聞いて、2割提案させていただくというスタンスを大切にしております」。

髪を通して、個々のライフスタイルに合ったヒントを与えてくれるからこそ、そこに信頼が生まれ、心から寛げる至福の時が生まれるのだ。
その時間を味わうためには、新規開拓も必要になってくるだろう。しかし多くの男性は、なかなか新しい店には足を運びづらいと感じているはず。
「気持ちは良く分かるのですが(笑)、あまり気負わないで足を運んでいただければと思います」。
この言葉にはすごく救われる。バーバーに限らず、初めての店に入る時、やはり少しは緊張するものだ。ましてや、このOf the BARBERを始め、最近は格式高い店構えのバーバーも増えてきているから尚更ではなかろうか。そこでもう一つ、多くの方が気になっているであろう“もし好みのスタイルに仕上がらなかった時には、次回から担当者を変更しても良いのかどうか”ということを思い切って聞いてみた。
「よく思われがちですが、一度カットしてもらったら、ずっとその人でなければいけないみたいな風潮は確かに存在しますよね。でも、そんなことは決してありません。そもそもお客様ありきですし、もしそうなった場合は、自分が心打つ仕事を提供できなかったと思い、仕事のレベルを上げる糧として受け止めさせていただきます」。

紳士になる手助けをしてくれる、バーバー側もやはり紳士であったということだ。その謙虚さや相手を思いやる気持ちを持ち合わせる内面的な部分が、最も大切なのであろう。その延長線上に、髪を整えたり髭を揃えるといった身だしなみを提供してくれるのだ。OCEANUSとともに刻む至福の時を味わいに、バーバーへ足を運んでみるのも紳士への一歩ではないだろうか。

Text: Tatsuya Nakamura | Photography: Masashi Nagao

Of the BARBER

英国調のスタイリッシュなバーバーの良さと、新しいヘアデザインをファーストクラスの座り心地でゆったり楽める。カットの他にも、フェイスケアやネイルなど、細かい大人の身だしなみを提案してくれる話題のバーバー。

東京都中央区銀座 6-3-2 ギャラリーセンタービル 3F

電話:03-6274-6507

営業時間:平日10時~22時、土日祝9時~21時 | 定休日なし

オフィシャルサイト

Recent News

Recommend