Skip to Content
BLUE MOTIONSOctober 2017 issue
BLUE INNOVATOR
その青は、未来への道標となる

The Place Beyond the time

杉本博司氏が描く、 一瞬と永遠という時が 繋がる場所

海と半島が交わるところ

伊豆半島の根元、真鶴から車で10分ほど。切り立った崖の上にある明月門(室町時代の建築物の移築だ!)。それが“江之浦測候所”への入り口となる。
ここは写真家として世界的に名を馳せ、それだけでなく彫刻、演劇など様々な分野で目覚ましい業績を残す、杉本博司氏が20年余の歳月をかけて築き上げた、建築、アートと環境が一体となった“集大成的作品”と言えるだろう。

冬至光遥拝隧道 冬至の日の出の様子 (c)小田原文化財団/Odawara Art Foundation冬至光遥拝隧道 冬至の日の出の様子 ©小田原文化財団/Odawara Art Foundation

ここが“測候所”と名付けられたのには理由がある。春夏秋冬、それぞれの節目である冬至、夏至、春分、秋分のそれぞれの時に光が差し込む隧道や舞台が設置されている。古代から変わらない光の通り道を配置し、そこにアートの原点を見るという試み。杉本氏の作品の奥底にある“アートとは何か”に対する答えを用意しようということだったのではないかと感じた。時間だけが生み出すことができるアート。そして地球誕生から変わらぬ光の道。季節と時間。その全てを感じる場所としての“測候所”。

冬至光遥拝隧道と光学硝子舞台 (c)小田原文化財団/Odawara Art Foundation冬至光遥拝隧道と光学硝子舞台 ©小田原文化財団/Odawara Art Foundation

アートの新しい在り方

1万1500坪の総面積の中、開発された部分だけでも3000坪という広大な敷地内には、杉本氏が永年にわたり収集してきた様々な歴史的遺物・遺構が置かれ、さらに光硝子で造られた能舞台には、古代ローマの円形劇場を正確に実測して再現した観客席が用意されている。この能舞台越しに見る海の何と美しいことか。
などなど、詳細を記すとすれば数ページも要するほどだ。現在、夏至光遥拝100メートルギャラリーと名付けられた海抜100メートルに位置するギャラリーには、杉本氏の代表作の一つである「海景」が展示されている。

夏至光遥拝100メートルギャラリー夏至光遥拝100メートルギャラリー

杉本博司「海景」Sea of Japan, Oki 1987 ゼラチン・シルバー・プリント (c)Hiroshi Sugimoto/Courtesy of Gallery Koyanagi杉本博司「海景」Sea of Japan, Oki 1987 ゼラチン・シルバー・プリント
©Hiroshi Sugimoto/Courtesy of Gallery Koyanagi

海と自然と古代とアートが交わる場所。そこには、古代と現代、そして未来を結ぶ光の道がある。
ここは、見所を回るというギャラリーや美術館ではなく、自分自身がこの測候所の一員となって、自然とアートの発生や経過を体感するという、新しい形でのアート体験があると感じた。

過去、現在、未来を繋ぐ存在とは

広大な海へと繋がるこの景観に、古代から現代へ、そして未来へと永遠に繋がる時の流れを感じることができはしないか、と考えた。革新から生まれる創造性。それもまた時の流れという大きなうねりの中で、昇華されていくのだろう。願わくば、OCEANUSが刻む時間もまた、今と未来を結ぶ点となり線になり、そして青の革新というストリームにならんことを。

Text: Y.Nag | Photography: Masashi Nagao

小田原文化財団 江之浦測候所

所在地:神奈川県小田原市江之浦362番地1
電話番号:0465-42-9170(代表)
開館時間:木曜日〜火曜日 週6日
4〜10月 1日3回(10時・13時・16時)※約2時間・定員制
11〜3月 1日2回(10時・13時)※約2時間・定員制
休館日:水曜日(2018年2月より火、水曜日)
入館方法:完全予約・入替制
小田原文化財団公式ウェブサイト「見学予約フォーム」より申し込み
入館料:一律3,000円(税別) ※中学生以下入館不可
最寄駅:JR東海道本線根府川駅または真鶴駅
公式ウェブサイト

杉本博司 (すぎもと ひろし)

1948年東京御徒町生まれ。1970年渡米、1974 年よりニューヨーク在住。杉本博司の活動分野は、写真、彫刻、インスタレーション、演劇、建築、造園、執筆、料理、と多岐に渡る。杉本のアートは歴史と存在の一過性をテーマとしている。
そこには経験主義と形而上学の知見を持って、西洋と東洋との狭間に観念の橋渡しをしようとする意図がある。時間の性質、人間の知覚、意識の起源、といったテーマがそこでは探求される。2008年に建築設計事務所「新素材研究所」、2009年には公益財団法人小田原文化財団を設立。1988年毎日芸術賞、2001年ハッセルブラッド国際写真賞、2009年高松宮殿下記念世界文化賞(絵画部門)受賞。2010年秋の紫綬褒章受章。2013年フランス芸術文化勲章オフィシエ叙勲。

公式ウェブサイト