Skip to Content

― 10th Anniversary PARTY “ KING OF BLUE ” ―

EVENT REPORT

2015年2月8日、 舞浜アンフィシアターにて開催された
「OCEANUS 10th Anniversary PARTY “ KING OF BLUE ”」。
これまでの10年を祝し、 さらなる10年後を見据えた本パーティーには、
「オシアナス」と共鳴する アーティスト達が一堂に集結。
ライブやショーダンスなど、 大人のためのエンターテインメントショーを 披露しました。

今回のパーティー会場の舞浜アンフィシアター。
この日は特別に会場全体を青くライトアップ。

当日は2,000人を越える お客様にご来場いただき、 大いに賑わいました。

会場内では、 新製品をはじめとした OCEANUSフルラインナップの 展示のほか、
10年の進化の歴史や、 全OCEANUSを製造している 山形工場の紹介なども おこないました。

DJの伊藤陽一郎氏(左)と須永辰緒氏(右)。 会場内、OCEANUSの 世界観を音楽で演出。
当日伊藤氏は、 CASIOのDJコントローラー XW-J1」を 使用。

会場ロビーでは、 OCEANUS FOLLIESが お客様をお出迎え。

OCEANUS SHOW GIRLSによるパフォーマンス。

OCEANUSと縁の深い2店舗の飲食店 「AMARANTH LOUNGE (代官山)」と 「kong tong(三宿)」に、 特別出店して いただきました。
OCEANUSをイメージした オリジナルカクテルなどの ドリンクや、 お店自慢のフードなどを販売。

開演前のロビーにて、 東京スカパラダイスオーケストラの 谷中敦氏と
藤枝伸介氏による サックス・デュオ 「2 of a kind」が、 サプライズLIVEを披露。

開演前のステージでは、 ウェルカムバンドによる
ディキシーランド・ジャズの 生演奏が、 お客様をお出迎え。

当日のMCを務めた、 アンドレア・ポンピリオ氏と 野宮真貴氏。

開幕後、登場したのは 「akiko & GENTLE FOREST JAZZ BAND」。
akikoの歌声と 21人編成の ビッグバンドによる スウィング感溢れる 演奏で会場を魅了。

日本人初の 女性アクロバットダンス・ カンパニー「G-Rockets」。
元・シルク・ドゥ・ソレイユ専用 劇場だった本会場を巧みに使い、 素晴らしい 空中パフォーマンスなどを披露。

今年で25周年となる トライアングル・ユニット 「TOKYO No.1 SOUL SET」は、 バンドセットで登場。
代表曲『SUNDAY』 など 全5曲を熱演。

サックス奏者・藤枝伸介氏と ダンサー・PiPPi(ピッピ)氏による共演。
サックスのみで奏でる 音の世界と8mのポールを使った 圧巻のショーダンスの融合は、
観る者全てを 引きつけ、 息をする ことを 忘れるくらい張り詰めた緊張感に 会場はつつまれました。

東洋一のサウンド・マシーン 「クレイジーケンバンド」の 登場で 会場の熱気は一気にヒートアップ。

楽曲『スポルトマティック』では 「時計を買おう、時計を買おう、 カシオの、カシオの、 オシアナス〜♪」と
歌詞を変えて、 OCEANUSをアピール。

最後にトリを務めたのは、 「東京スカパラダイスオーケストラ」。
ステージを 縦横無尽に 動きまわっての 迫力の演奏は、 まさに日本を 代表する 世界屈指の ライブバンド。
「OCEANUS」のCM曲でもあった 『Wild Cat』 を含む、全10曲を披露。

「東京スカパラダイスオーケストラ」の ライブ終了後、 サプライズで 「クレイジーケンバンド」の 横山剣氏が登場し、
OCEANUS10周年 スペシャル・ソング 巻き戻したいほどの幸せ』を 初披露。
曲の途中で出演者全員がステージに登場し、 会場の盛り上がりが最高潮を迎えた中、 10周年パーティーの幕は閉じました。